映画・本・テレビ

サヨナラの代わりに

ゆっくりお休みだったので、 溜まっていた録画を観た。 「不信 彼女が嘘をつく理由」 「サヨナラの代わりに」 「キャロル」 「ヴィンセントに教えてくれたこと」 面白かったのは、 「サヨナラの代わりに」 「ヴィンセントが教えてくれたこと」 どちらも 知ら…

コンビニ人間 を読んだ

久しぶりの読書。 主人公は、小さいころから、考え方が周りと違っていた女性。 なにが正しくて、何が人に喜ばれるのかも分からない人間。 コンビ二というマニュアルだらけの社会が、とても生きやすい。 他人になにも害を与えず、勤務状況も真面目。 なのに、…

映画「嫌な女」を観た

生真面目で、人と距離をおきたがる弁護士役の吉田羊さんと、 底抜けに明るく、お金のために男を騙して イチコロにさせる木村佳乃さん。 2人は従兄弟同士で、何十年ぶりに出会って、 吉田羊さんが少しずつ変わっていく。 黒木瞳さんが監督。 色んな手法があっ…

映画「シンゴジラ」を観た

シンゴジラ 評判がいいので、期待してみたけど、 それほどでもなかったかなぁ。 都民が何万人も死んでるのに、 あんな風にことはスムーズに進まないでしょう? と何度も突っ込んでしまった。 でも、エンディングはビックリ。 ハッピーエンドでめでたしという…

映画「ボーイソプラノ」を観た。

親をなくし荒れた少年が、 少年合唱団に入り、 才能を見出され、成長していく物語。 ストーリーは、 ありきたりすぎるけど、 歌声が本当に天使のようで、 何度も繰り返し、観てしまった。 こういう、 サクセスストーリーは、 観たあとやっぱりスッキリするね…

嘘の戦争

録画していた、嘘の戦争をみた。 自分を裏切った人は、 実は自分を1番救ってくれていた。 という話。 号泣した。 私は、こういうストーリーに弱いのかな。 陰で支えてた、的な話に。 先日観にいった、 映画「ラ ラ ランド」よりも、 はらはらドキドキして、…

嘘の戦争

録画していた、嘘の戦争をみた。 自分を裏切った人は、 実は自分を1番救ってくれていた。 という話。 号泣した。 私は、こういうストーリーに弱いのかな。 陰で支えてた、的な話に。 先日観にいった、 映画「ラ ラ ランド」よりも、 はらはらドキドキして、…

さんまさんと東大生

先週のテレビで、東大生(40人くらい)とさんまさんのトーク番組があった。 そのなかで、東大生の一人が 「眼鏡をブルーライトカットにした」と友達に言ったら、 「お父さんが白内障なの?」と 話の一つ二つ先の展開から始まるから、疲れる。 と言っていた。…

山田洋次「家族はつらいよ」を見た

山田洋次監督らしい、映画だった。 内容は 平田家のあるじ、周造(橋爪功)は、妻・富子(吉行和子)の誕生日を忘れて飲み歩くなどほとんど傍若無人な毎日を過ごしている。ところが突然、富子から離婚届を出され、判を押すよう頼まれる。本人はもちろん子供…

「カンブリア宮殿 藤野英人さん」を見た。

投資ファンドの社長 藤野英人さんが、 伸びる会社を見極めるコツを話してた。 その一つ 社長が昔の話ばかりする場合、今を生きていないから、会社は伸びない。 これって、会社だけでなく、人間そのものにも言えると思った。 あと 日本人には、清貧の思想があ…

カルテット 3話 を見て思ったこと

面白かった。 今回は、泣けたーー。 すずめちゃん(満島ひかり)の父親が死ぬのだけれど、 確執があって20年も会っていない。 その父を、許せていないし、認められない。 でも、親なんだから、病院に行かなくちゃと、彼女なりに格闘してる。 その心を分か…

演出振付家 MIKIKO さん

演出振付家のMIKIKO さん(39)が、 雑誌「日経ウーマン」で話してたこと。 アメリカにダンス留学を1年半ほどさせてもらった。 その時、アメリカ人の、感情をそのまま表現するセンスにはかなわない。 しかし、日本の緻密なダンスのほうが美しいと思った。 …

カルテット 2話

「カルテット」 舞台みたいな、ドラマだな。 セリフがポンポン出てきて面白い。 松田龍平さんが、 松たか子さんに振られて、 自分に好意を寄せてくれてた女性にプロポーズする。 結局プロポーズした相手は別の人と結婚が決まってしまってて・・・。 なんとな…

映画「小野寺の弟小野寺の姉」

面白かった。なんども、声を出して笑ってしまった。微笑ましかった。そして、涙が出た。姉役が片桐はいりさんで、とても面白いんだけど、内容的には、天海祐希さんみたいに、綺麗なのにコンプレックスがあって自分に自信が持てず結婚できない女性 というほう…

映画「僕だけがいない街」

時間をさかのぼって、未来を変えるという、よくある話の映画。こういう話って、だいたい面白いよね。つじつまを合わせていくのが、パズルがはまっていく感じ。でも、この映画は、そこまではまっていく感がなかったかな。

情熱大陸 書家 中塚翠涛を見た

同世代の女性の書家さん初めて知ったんだけど、こういう人好きだな。確かな土台がある人は、なにを描いても完成度が高い。そして、美人でお洒落。美人って得だなぁ。芸術家ってかこいいなぁ。

映画「母と暮らせば」

井上ひさしさんの原作で、山田洋二監督の映画、「母と暮らせば」を見た。印象に残っているのは、小2の女の子が、父の戦死を知らされても、泣かないシーン。おじいちゃんに泣いてはいけないと言われてますから。と淡々としゃべる。書いてるだけでも、泣けて…

ドキュメント72時間

一番好きなテレビ番組は、ドキュメント72時間。次はサラメシ。どっちもNHKやね。ドキュメント72時間なんて、小説より、感動したり、考えさせられる。年末の72時間スペシャルでは、2016年のベスト10を放送してた。私の田舎のすぐそばが舞台になっていた回…

本を選ぶ

雑誌「 ダ・ヴィンチ」に又吉さんが書いていた。暗い気持ちになるから、悲しい話を読みたがらない人もいるが、僕は、共感しながら読みたい。って。そこで、私は気づいた。読みかけの小説がなかなか進まないのは、暗い気持ちになりたくないからなんだなぁ。明…

映画「白雪姫殺人事件」を観た。

白雪姫殺人事件を観た。とても、面白かった。1つの事件をめぐって、いろんな人の証言を聞いていくんだけど、みんな自分のいいようにしか、語らないし、覚えていない。ネットや、マスコミの不正確さもよく表されている。これは、中高生の道徳の時間にでも観…