読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡パート主婦の思うこと

世帯年収750万円目指します(現在550万円)

テレビ「われら百姓家族 遺書」をみた

最初の放送は、18年前。

兵庫県の山村で、父と子供6人が自給自足生活している。

シリーズ化しており、私は、半分くらい見れてるかな。

北の国から」や「金スマのヘルムート」の、リアル版って感じかな。

 

末っ子の双子は、小学校も行かずに畑や家畜、家事全般を、こなしていた。

10歳の女の子が、鶏の毛をむしり、父親に鶏肉の刺身を作っていたのが衝撃的だった。

 

それから、18年が経ち、みんな成人になった。

父は、がんに侵されたが、

治療はせずに山村で一人暮らし。

 

父の最期には、

近くに住んでいる兄弟たちが入れ替わりで、

24時間看病していた。

 

そして、父は死んだ。

 

私には、この父は傲慢にしか思えなかった。

 

そして、父の言うことを従順に聞いて、

父の理想とする自給自足生活を、

ずっと手伝ってきた長男は、

父が死んだ後、

妻の実家の鳥取に引っ越してた。

 

子供達を、きちんと小学校に通わせたいからと言っていた。

 

長男は、ずっとずっと我慢して

生きてきたんだろうなぁ。

 

やっと、父から解放されて良かったね。

こころから、そう思った。

 

今回、父が死んだから最終回なのかな。

最後の最後に、長男の本当の気持ちが分かって、

安心したし、

これぞ、ノンフィクションやな!って思った。